元教員が分かりやすく教える英文法

ばか丁寧な高校英文法

TOIEC985点を取得した元高校教員が、使える例文を用いながら、苦手な人にも分かりやすく英文法を解説します。

【高校英文法をやり直したい人必見】助動詞「can/could」を丁寧に解説!

スポンサーリンク

第5章 助動詞に突入しました。

 

助動詞とは、第1章で勉強した通り、

動詞の前に置かれて、「できる」「でしょう」「かもしれない」など

話し手の判断や気持ちを付け加える品詞です。

can,will, may, mustなどがあります。

 

気を付けなければいけないのは、

助動詞がある場合は動詞は必ず原形というルールです。

○He can drive.  ×He can drives.

 

その中でも、最初はcan/couldから見ていきましょう。

can/could

以下のような意味があります。

 能力(能力や技能がある)

=be able to 動詞の原形

 例:She can speak English very fluently.

「彼女は英語をとても流ちょうに話すことができる」(現在)

=She is able to speak English very fluently.

例:I couldn't understand what he said.

「彼が言っていたことを理解できなかった」(過去)

例:We can deliver the products within two days of your order.

「ご注文から2日以内に商品をお届けできます。」

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

f:id:chachachambo:20170411214237p:plain"can"と"be able to 動詞の原形"の使い分けf:id:chachachambo:20170411214237p:plain

基本的には両方とも「~できる」という意味で同じですが、"be able to動詞の原形"はいろいろな形にできて便利です。

≪未来≫

〇I will be able to speak English next year.

「来年に英語が話せるようになるだろう」

×I will can speak English next year.

 

≪want to≫

〇I want to be able to speak English.

「英語が話せるようになりたい」

×I want to can speak English.

 

≪have to≫

〇I have to be able to speak English.

「英語が話せるようにならなければならない」

×I have to can speak English.

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

f:id:chachachambo:20170411214237p:plain"could"と"was/were able to 動詞の原形"の違いf:id:chachachambo:20170411214237p:plain

どちらとも「~できた」という過去の意味ですが、ニュアンスが違います。

couldは単に「~する能力はあった」→実際にしたかどうかは述べていない

was/were able to動詞の原形は「~する能力があり、実際にした」という意味です。

例:He could run a full marathon.

「彼はフルマラソンを走る能力はあった」→実際に走ったかどうかは不明

例:He was able to run a full marathon.

「彼はフルマラソンを走ることができた」→実際に走った

例:I could have a good time.

「私は楽しい時を過ごすことができました」→実際に楽しい時を過ごしたかは不明

むしろこの文章は「楽しい時を過ごすことができたはずなのに・・・」

という感じが伝わります!この文章、日本人が日本語から直訳して言ってしまいがち!気を付けて!f:id:chachachambo:20170411214737p:plain

 例:I was able to have a good time.

「楽しい時を過ごすことができました」→実際に過ごすことができた

(「楽しい時を過ごすことができた」と言いたい時は、"I had a good time"でいいよ)

 

ここまでいいですか?

couldは「~する能力はあったが実際にしたかどうかは不明」

was able to 動詞の原形は「~する能力があって実際にした」

です。

 

が・・・例外があります(Sorry!)

知覚動詞(see, hearなど)や理解を表す動詞(understandなど)は

couldで「~する能力があり、実際にした」という意味になります。

例:I could see him.

「私は彼が見えた」

例:i could understand what he said.

「私は彼が言ったことが理解できた」

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

 可能「~できる」

(能力ではなく状況から判断して「できる」という意味)

例:Don't worry. I can visit you this afternoon.

「大丈夫、今日の午後会いに行けるよ」

 例:I can be reached by cellphone.

「携帯電話で連絡がとれるようにしてあります」

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

可能性・推量「ありえる、可能性がある」

例:It can happen to you.

「君にも起こりうるよ」

例:You could hurt somebody.

「誰かケガをさせることもありえるよ」

例:This story could be true, but I don't thik it is.

「この話は本当である可能性もあるけれども、私はそうは思わない」

 ★couldが過去の意味になるのは一つ目の●の「能力」の時だけ

 ★couldはcanより心理的な距離感(確信度の低さ)を表す

例:Oh no! This cannot be true!

「えー!本当なはずがない!」

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

許可・同意「~してもよい」

例:Can I ask you a question?

「ひとつ質問してもいい?」

例:You can't tell anybody.

「誰にも言ったらダメだよ」

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

依頼「~してくれませんか?」

例:Can you tell her that I will call her tomorrow?

「彼女に明日電話すると伝えてくれませんか?」

例:Could you help me?

「手伝っていただけませんか?」

 ★couldはcanより心理的な距離感(丁寧さ)を表す→canよりcouldを使うほうが丁寧

 f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

canを用いた慣用表現

cannot be too careful
「どんなに注意してもしすぎることはない」
例:You cannot be too careful driving in the snow.
「雪道を運転する時は、注意してもしすぎることはない」

cannot help but do
=cannot but do
「~せざるをえない」
例:I cannot but regret the money I wasted on the movie.
「その映画に無駄遣いしたお金を後悔せざるをえない」
例:I cannot help but overhear your conversation but I think he is right.
「あなたたちの会話が聞こえちゃったんだけど、彼が正しいと思うよ」