元教員が分かりやすく教える英文法

ばか丁寧な高校英文法

TOIEC985点を取得した元高校教員が、使える例文を用いながら、苦手な人にも分かりやすく英文法を解説します。

【高校英文法をやり直したい人必見】受動態②「get+過去分詞」を丁寧に解説!

スポンサーリンク

復習です。

受動態とは、「Sは~する」ではなく

「Sは~される」という文章です。

動詞をbe動詞+過去分詞にします。

 

 

と習いましたが、実は、be動詞以外にgetを使うこともあります。

(会話ではむしろgetのほうをよく使う!)

get+過去分詞にすることで、動きのあるニュアンスが伝わります。

カジュアルな表現なので、正式な文章などでは使いません。

 

例:He got slapped!

「彼はビンタされた」

↓ドラマ"how I met your mother"より「ビンタされた」とただひたすら歌い続ける歌。笑

www.youtube.com

 

例:He got fired.

「彼はクビになった」

例:There was a fight at the party, but nobody got hurt.

「パーティーでケンカがあったが、誰もケガしなかった」

例:I don't often get invited to parties.

「私はしばしばパーティーに招待されない」

例:Jill didn't get offered  the job.

「ジルはその仕事に採用されなかった」

 

get+過去分詞は状態を表す時には使われない。

 〇 Sarah is liked by everybody.

  × Sara gets liked by everybody.

     ※「好かれている」は状態

 〇 She is a mysterious girl. Very little is known about her.

  × She is a mysterious girl. Very little gets known about her.

     ※「知られている」は状態

 

★get+過去分詞は、以下のような表現でよく使われます。

・get married 「結婚する」

 例:We just got married.

 「私たち新婚です」

・get divorced 「離婚する」

・get engaged (to~) 「(~と)婚約する」

・get lost「迷子になる」

・get dressed「服を着る」

・get changed「服を着替える」

・get hurt「ケガする」