元教員が分かりやすく教える英文法

ばか丁寧な高校英文法

TOIEC985点を取得した元高校教員が、使える例文を用いながら、苦手な人にも分かりやすく英文法を解説します。

【高校英文法をやり直したい人必見】「倒置」を丁寧に解説!

スポンサーリンク

通常、英語の文章は、

SV(第1文型)

SVC(第2文型)

SVO(第3文型)

SVOO(第4文型)

SVOC(第5文型)

のどれかの並べ方でできています。

しかし、ある特定の語(句)を文頭に無理矢理文章の最初に置くと、語順が疑問文の語順(VS)に変わります。

それを倒置と呼びます。

 補語を文頭に置いた倒置

f:id:chachachambo:20171121232237p:plain

「忘れる人は幸せである」

主語が長い時に、補語を文頭に持ってきて、倒置になることがあります。

会話ではあんまり使わないかな。

 この文章に出てきたthose whoについてはここで詳しく解説しています。

 

否定語を文頭に置いた倒置

f:id:chachachambo:20171121232441p:plain

「こんなに怒ったことはない」

「一度もない」と言う意味の否定語neverを強調するために文頭に置きました。

よって倒置が起きます。

 

f:id:chachachambo:20171121232621p:plain

「自分がブログを始めるなんて夢にも思わなかった」 

 

場所・方向を表す副詞(句)を文頭に置いた倒置

f:id:chachachambo:20171121233113p:plain

 

「ほら、ステイシーが来たよ」

※主語がStacyではなく、代名詞のsheだった場合

×Here comes she.は間違いです。正しくは、

〇Here she comes. です。

f:id:chachachambo:20171115224623j:plain

二つ目の例文は過去に紹介したpep talkからです。

f:id:chachachambo:20171121231145j:plain

当時は解説しませんでしたが、この文章、実は倒置でした。

f:id:chachachambo:20171121233116p:plain

「成功した女性の背後には、必ず彼女を怒らせた誰かがいる」

 so, neither, norで始まる倒置

 

f:id:chachachambo:20171121235120p:plain

A「君、素敵だよ」 B「ありがとう。あなたも」

*stunning【形】とても素敵な (会話でよく使います)

前に述べられた内容に関して「~もそうだ」と他の人/物についても同様のことを言いたい時、So V+Sで表します。この表現は会話でもよく使います。

注意すべきは、前述の文章の動詞。↑の例文ではlookという一般動詞なので、So do you.となっています。

f:id:chachachambo:20171115224623j:plain
f:id:chachachambo:20171121235128p:plain

A「君昨夜、べろんべろんに酔ってたね」B「お前もね」

*wasted【形】酔っぱらった、ハイになった

前述の文章の動詞がwereというbe動詞の過去なので、So were you.となっています。

f:id:chachachambo:20171115224623j:plain
f:id:chachachambo:20171121235124p:plain

A「全然勉強してない」B「私も(してない)よ」←という試験前のだまし合い!笑

前述の否定の内容を受けて「~もそうではない」と言う場合は、Neither V+S、またはNor V+Sで表します。

ちなみにneitherの発音は、(カタカナで発音を表すのは大嫌いですが仕方ない…)「ニーザー」でも「ナイザー」でもOK。

前述の文章の動詞が、didn't studyという一般動詞の過去なので、Neither did I.となっています。

f:id:chachachambo:20171115224623j:plain

f:id:chachachambo:20171121235131p:plain

A「全然分からない」B「私も」

前述の文章の動詞が、haveという一般動詞なので、Nor do I.となっています。

f:id:chachachambo:20171115224623j:plain

f:id:chachachambo:20171122000237p:plain

A「海外に行ったことがないの」B「私も」

前述の文章の動詞が、have never beenという現在完了なので、Neither have I.となっています。