元教員が分かりやすく教える英文法

ばか丁寧な高校英文法

TOIEC985点を取得した元高校教員が、使える例文を用いながら、苦手な人にも分かりやすく英文法を解説します。

【英語の先生必見!】授業で使える洋楽⑬Roots Before Branches

スポンサーリンク

私が教員時代に授業で使った洋楽を紹介します。

私は中高一貫校で教えていたので、中学生の授業もしたことがあります。
なので、中学生向けの簡単な歌から、高校生向けのかっこいい歌まで和訳や解説付きで色々紹介したいと思います。

今日はRoom For Two
Roots Before Branches を紹介します。

思春期真っただ中の生徒にぴったりの歌詞です。

 

ãRoots Before Branchesãroomãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

人気海外ドラマGleeにも登場しました。

 

説明

対象:高校1年生~
難易度:★★★☆☆
有名度:★★☆☆☆
授業で解説できる文法項目:
間接疑問、the 比較級, the 比較級、to+動詞の原形

歌詞

Roots Before Branches 

by Room For Two

So many things to do and say
But I can't seem to find my way
But I wanna know how
I know I'm meant for something else
But first I gotta find myself
But I don't know how

 したいこと言いたいことはいっぱいある
だけど進むべき道なのかわからない
どうすればわかるだろう
この道じゃないことはわかるけれど
まずは自分を知らなくちゃ
でもどうすればいいんだろう

 

Oh, why do I reach for the stars
when I don't have wings to carry me that far?

どうしてあの星空に手を伸ばしてしまうのだろう
そんなに遠くまで行ける翼なんてないのに

 

★サビ
I gotta have roots before branches
to know who I am
Before I know who I wanna be
And faith to take chances
to live like I see
a place in this world for me

枝を広げる前にしっかりと根を張らなくちゃ
自分を知らなければ
なりたい自分だってわからないもの
信じよう
チャンスを掴むために
世界のどこかに
居場所はあるんだって信じて生きていけるように

 

Sometimes I don't wanna feel
And forget the pain is real
Put my head in the clouds
Oh, start to run and then I fall
Thinkin' I can't get it all
Without my feet on the ground

何も感じたくない時もある
痛みが現実だって忘れる時もある
ぼーっと夢みる時もある
走りだせば 転んでしまう
そんな時思うの、すべてを手に入れることはできない
地に足がつかないままではね

There's always a seed
Before there's a rose
The more that it rains, the more I will grow  

種をまかなきゃ
きれいなバラは咲かない
雨が降れば降るほど
私は成長するんだ

 

I gotta have roots before branches
To know who I am
Before I know who I wanna be
And faith
To take chances
To live like I see
A place in this world for me

 枝を広げる前にしっかりと根を張らなくちゃ
自分を知らなければ
なりたい自分だってわからないもの
信じよう
チャンスを掴むために
世界のどこかに
居場所はあるんだって思えるように

 

Whatever comes
I know how to take it
Learn to be strong
I won't have to fake it
Oh, you're understandin'
The wind can come and do it's best
Blow me North and South, East and West
But I'll still be standing
I'll be standing

何が起こっても
どう受け止めればいいか分かってる
強くならなくちゃ
ごまかしたりはしたくない
わかってきたでしょう
風がどんなに強く吹き荒れても
北へ南へ東へ西へと
でもちゃんと立っていられる
きっと立っていてみせる

 

★サビくりかえし×2

 

文法の説明

to+動詞の原形(副詞的用法)

サビの歌詞
I gotta have roots before branches
to know who I am
Before I know who I wanna be
And faith to take chances
to live like I see
a place in this world for me
の部分がto+動詞の原形(副詞的用法)の《目的》です。
「~するために」と訳します。
ここで詳しく解説しています⇩

歌詞の訳はもう少し後に解説⇩

間接疑問

サビの歌詞
I gotta have roots before branches
to know who I am
Before I know who I wanna be
And faith to take chances
to live like I see
a place in this world for me

赤字の部分が間接疑問です。

間接疑問とは、疑問詞から始まる疑問文(例:Who is he?)を他の文(例:I don't know ~)に名詞節として組み込む場合、そのままではなく、平叙文の語順(S+V)にするというルールのことです。

f:id:chachachambo:20181124142335p:plain

こちらで詳しく解説しました⇩

歌詞に戻って

I gotta have roots before branches
to know who I am

直訳すると「枝の前に根をはらなければいけない、
あなたが誰なのか知るために
となり「枝を広げる前にしっかりと根を張らなくちゃ。自分を知らなければ
なりたい自分だってわからないもの」と訳しました。


(I gotta have roots) and faith to take chances
(and) to live like I see a place in this world for me

直訳すると「信念を持たなければいけない、チャンスをつかむために、そして自分のための場所が世界に見えるように生きていくために」となり、
「信じようチャンスを掴むために。世界のどこかに居場所はあるんだって信じて生きていけるように」と訳しました。

the 比較級 , the 比較級

「~すればするほど、ますます・・・」

The more that it rains, the more I will grow  

「雨が降れば降るほど、ますます私は成長する」となります。