元教員が分かりやすく教える英文法

ばか丁寧な高校英文法

TOIEC985点を取得した元高校教員が、使える例文を用いながら、苦手な人にも分かりやすく英文法を解説します。

【高校英文法をやり直したい人必見】関係副詞①「where」を丁寧に解説!

スポンサーリンク

 関係詞には

1、関係代名詞   2、関係副詞

の2つがあります。

 今日からは関係副詞を解説します。

復習ですが、関係詞とは、

"文章で"名詞を説明したい時に使う、接着剤のようなものでした。

f:id:chachachambo:20170731210227p:plainf:id:chachachambo:20170731205417p:plain

説明したい名詞と、説明の文章の間に置いて接着剤の働きをします。

今日から習う関係副詞も同じです。

関係副詞は全部で4あります。

①場所を表すwhere

②時を表す when

③理由を表す why

④方法を表す how

そのうち今日は①のwhereを解説します

f:id:chachachambo:20170810150114j:plain

①場所を表す where

例1

f:id:chachachambo:20170906150226p:plain

「レストラン」どんなレストランかと言うと?「私はそこで初めて妻に会った」

をまとめて「私が初めて妻に会ったレストラン」というふうに場所を表現したい時、関係副詞whereを使います。

先行詞restaurantを指しているthereを関係副詞whereに変えます👇

f:id:chachachambo:20170910151612p:plain

👆さっき言ったように、関係副詞は、説明したい名詞と、説明の文章をつなぐ接着剤の働きをするので、接着剤がこんな後ろにいてはいけません。

説明したい名詞(resutaurant)と説明の文章(I first met my wife)の間に置いて出来上がりです。

 

では、実際に文章の中で使ってみましょう。f:id:chachachambo:20170906145350p:plain

「ここが私が初めて妻に会ったレストランです」

 

ちなみに、関係副詞whereは先行詞なしでも使えます。

訳すときには「~する場所」と訳せば大丈夫。

f:id:chachachambo:20170906145355p:plain

「ここが私が初めて妻に会った場所です」

f:id:chachachambo:20170810150114j:plain

例2

f:id:chachachambo:20170906191543p:plain

「場所」どんな場所かと言うと?「私はそこで妻にプロポーズした」

をまとめて「私が妻にプロポーズした場所」というふうに場所を表現したい時、関係副詞whereを使います。 

👇先行詞placeを指しているthereを関係副詞whereに変えます。f:id:chachachambo:20170906145404p:plain

👆接着剤のwhereを、説明したい名詞(place)と説明の文章(I proposed to my wife)の間に置いて出来上がりです。

 

では、実際に文章で使ってみましょう。

f:id:chachachambo:20170906145337p:plain

「私が妻にプロポーズした場所は、私が彼女に初めて会ったレストランだった」

whereのダブル使い!笑

 

ちなみに、

f:id:chachachambo:20170906145340p:plain

place【名】場所

where・・・場所を表す関係副詞

場所場所しつこくないですか?f:id:chachachambo:20170906151613p:plain

なので、先行詞がplaceの時は、whereを省略することができます

f:id:chachachambo:20170906145409p:plainf:id:chachachambo:20170810150114j:plain

関係副詞where、分かってきましたか?

では、関係副詞と以前習った関係代名詞が、どう違うかを説明します。

関係代名詞との違い

 「私がずっと読みたかった本」

f:id:chachachambo:20170906164102p:plain

もとをたどれば、関係代名詞whichは itですよね?👇

f:id:chachachambo:20170906164115p:plain

itと辞書で引いてみましょうf:id:chachachambo:20170906165032p:plain

f:id:chachachambo:20170908213740p:plain

itは【代名詞】です。

そう、だから関係代名詞という名前なんです。

一方、 

「私が妻にポロポーズした場所」

f:id:chachachambo:20170906145340p:plain

もとをたどれば、関係副詞whereは thereですよね?👇f:id:chachachambo:20170906145404p:plain

thereと辞書で引いてみましょうf:id:chachachambo:20170906165032p:plain

f:id:chachachambo:20170908213755p:plain

thereは【副詞】です。

そう、だから関係副詞という名前なんです。 

f:id:chachachambo:20170809224709j:plain

「場所」以外を先行詞にもできる

where・・・場所を表す関係副詞とこれまで説明してきましたが、「場所」以外の単語も先行詞にすることがあります。

例えば 

case【名】場合、事例 

例:In the case where a student believes that an error has been made in calculating a grade,the student should first consult with the instructor.

f:id:chachachambo:20170906160703p:plain

「成績の計算で間違いがあると生徒が思った場合、まず先生に相談しましょう」

 

situation【名】状況

例:Describe a situation where you achieved a challenging goal.

あなたがやりがいのある目標を達成した時の状況を説明しなさい。

f:id:chachachambo:20170906161128p:plain

f:id:chachachambo:20170809224709j:plain

 f:id:chachachambo:20170906161314p:plain場所ならwhere?f:id:chachachambo:20170906161314p:plain

 

次の(  )に入る適切なものを①~④の中から選びなさい

1、I went to the restaurant (            ) just opened last week.

 ①which ②where   ③who ④what

2、 I went to the restaurant (             ) they serve authentic Indian food.

  ①which ②where   ③who ④what

3、I went to the restaurant (     ) you recommended.

 ①which ②where   ③who ④what

4、I went to the restaurant (             ) my boyfriend works.

 ①which ②where   ③who ④what

 

 

〖答え〗

1、①  2、②  3、①  4、②

〖解説〗

where・・・場所を表す関係副詞 とこれまで習いましたが、場所ならなんでもwhereを使えばいいっていうものではありません

大事なのは、「先行詞が説明の文章の中でもともと何だったか」です

 1、I went to the restaurant which just opened last week.

関係代名詞のwhichが正解です。

「先週オープンしたばかりのレストランに行った」

f:id:chachachambo:20170906170620p:plain

whichはもともとは、Itという代名詞でした。

なので関係代名詞のwhichを選びましょう。

ちなみにwhichが説明の文章の中で主語の役割をしているので、関係代名詞の主格です。

 

2、 I went to the restaurant where they serve authentic Indian food.

関係代名詞のwhereが正解です。

「本場のインド料理を提供するレストランに行った」

f:id:chachachambo:20170906170626p:plain

whereはもともとは、thereという副詞でした。

なので関係副詞のwhereを選びましょう。

whereは説明の文章の中で場所を表す副詞の役割をしています。

 

3、I went to the restaurant which you recommended.

関係代名詞のwhichが正解です。

「私はあなたがおすすめしてくれたレストランに行った」

f:id:chachachambo:20170906170630p:plain

whichはもともとは、Itという代名詞でした。

なので関係代名詞のwhichを選びましょう。

ちなみにwhichが説明の文章の中で目的語の役割をしているので、関係代名詞の目的格です。

 

4、I went to the restaurant where my boyfriend works.

関係代名詞のwhereが正解です。

「私は、彼氏が働いているレストランに行った」(重い女!f:id:chachachambo:20170906151613p:plain笑)

f:id:chachachambo:20170906170614p:plain

 

whereはもともとは、thereという副詞でした。

なので関係副詞のwhereを選びましょう。

whereは説明の文章の中で場所を表す副詞の役割をしています。

 

このwhereとwhichの使い分け、試験や大学入試に狙われます!