元教員が分かりやすく教える英文法

ばか丁寧な高校英文法

TOIEC985点を取得した元高校教員が、使える例文を用いながら、苦手な人にも分かりやすく英文法を解説します。

第9章 分詞【高校英文法をやり直したい人必見】分詞②「補語として使われる分詞」を丁寧に解説!

スポンサーリンク

前回勉強した通り、

分詞とは、
現在分詞(~ing)と
過去分詞(~ed)の2種類があり

 「動詞が変化して形容詞の機能をもつようになったもの」でした。

現在分詞が「~している」、過去分詞が「~される」というニュアンスです。

 形容詞の機能をもつ(=形容詞のように使われる)ということを頭に置いて、

実際にどんな風に使われるか見ていきましょう。

〖復習〗

名詞を修飾する

前回紹介しました)

f:id:chachachambo:20170723152530p:plain

「ステージの上で歌っている女の子を知っていますか?」

 ※女の子は「歌われる」のではなく「歌っている」から現在分詞singing

 

f:id:chachachambo:20170723152603p:plain

「事故でけがを負った少年は病院に運ばれた」

 ※男の子は「ケガを負わせている」のではなく「ケガを負わされた」ので過去分詞injured

 

 

〖NEW〗

SVCの文でCになる

(※SVCの文はS=Cの関係が成り立ちます)

f:id:chachachambo:20170723145828p:plain

「私は彼のことをずっと考えていた」

「私=考えている」という状態をkeepした。

※私は「考えられる」のではなく「考えている」ので現在分詞thinking

 

f:id:chachachambo:20170723150712p:plain

「私は一人取り残された気分だった」

「私=一人取り残された」と感じた。

※私は取り残しているのではなく取り残されるので過去分詞left

 

f:id:chachachambo:20170723145843p:plain

「私の心は粉々に砕かれた」

「私の心=粉々に砕かれた」状態だった。

※私の心は砕いているのではなくて、砕かれるから過去分詞broken

(そう!この文章、普通の受動態の文です)

 

f:id:chachachambo:20170723151332p:plain

「水が流れていた」

「水=流れている」状態だった。

※水は流れられるのでなく、流れているので現在分詞running

(そう!この文章、普通の現在進行形の文です)

 

ちなみに、普通の形容詞(例:pretty)も同じようにSVCの文でCになりますよね?

She is pretty.
 S    V    C 

分詞が形容詞の機能をもつ(=形容詞のように使われる)というのが分かりましたか?

 

SVOCの文でCになる

(※SVOCの文はO=Cの関係が成り立ちます)

f:id:chachachambo:20170723145821p:plain

「彼は私を外で待たせ続けた」

「私=待っている」状態にkeepした。

※私は待たれるのではなく、待っているので現在分詞waiting

 

f:id:chachachambo:20170723145833p:plain

「私は彼女を失うのが怖かったので、長い間、気持ちを隠し続けた」

「私の気持ち=隠されている」状態にkeepした。

※私の気持ちは隠しているのではなく、隠されているので過去分詞hidden 

 

ちなみに、普通の形容詞(例:happy)も同じようにSVOCの文でCになりますよね?

She made  me happy.
S      V        O     C

分詞が形容詞の機能をもつ(=形容詞のように使われる)というのが分かりましたか?

 

 SVOCのCになる(Vが知覚動詞)

f:id:chachachambo:20170723145825p:plain

「私は自分の名前が先生に呼ばれるのが聞こえた」

「私の名前=呼ばれた」のが聞こえた

※私の名前は呼んでいるのではなく、呼ばれるので過去分詞called

 

f:id:chachachambo:20170723145850p:plain

「私は彼が泣いているのを初めて見た」

「彼=泣いている」のを見た

※彼は泣かれるのではなく、泣いているので現在分詞crying

※知覚動詞は、「知覚動詞 O 動詞の原形」と↑のような「知覚動詞 O ~ing」の二つの使い方がありました。違いについては以前に紹介しています。

 

SVOCのCになる(Vが使役動詞)

使役動詞とはmake,have,let,getで「~させる」という意味でした)

f:id:chachachambo:20170723145837p:plain

「私はフランス語で自分の意思を伝えることができない」

「私自身=理解される」状態にすることができない。

 ※私自身が理解しているのではなく、理解されるので過去分詞understood

 

f:id:chachachambo:20170723145845p:plain

「私は財布を盗まれた」

「私の財布=盗まれる」状態にしてしまった。

※私の財布は盗んでいるのではなく、盗まれるので過去分詞stolen

 

f:id:chachachambo:20170723145816p:plain

 「すぐに仕事を終わらせます」

「仕事=終わらせる」状態にさせる。

 ※仕事は終わらせているのではなく、終わらせられるので過去分詞done

 

f:id:chachachambo:20170723145839p:plain

「タクシードライバーがメーターを動かしたままだと気づいた」

「メーター=動いている」状態にした。

※メーターは動かれるのではなく、動いているので現在分詞running

 

 以上です。

 

今日勉強した内容はこんな感じで試験に出ます。

問、( )に入る適当なものを①~④から選びなさい。

1、I kept the window (        ) last night.
①close  ②to close   ③closed     ④closing

 

2、I had my computer (           ).
①fixed   ② fixing    ③fix    ④ been fixed

 

3、He left the water (           ).
①run   ②running    ③ ran    ④ to run

 

 答えは、

1、③
2、①
3、②
です。

 1の文は「昨夜、窓を閉めっぱなしにした」という意味で、SVOCのCにあたるのが、過去分詞のclosedです。

窓は閉めているのではなく、閉められるのだから、過去分詞closedが正解です。

 2の文は「パソコンを直してもらった」という意味で、SVOCのCにあたるのが、過去分詞のfixedです。Vのhadは使役動詞です。

パソコンは直しているのではなく、直されるのだから、過去分詞fixedが正解です。

3の文は「彼は水を流しっぱなしにした」という意味で、SVOCのCにあたるのが現在分詞のrunningです。

水は流れられるのではなく、流れているのだから現在分詞runningが正解です。