元教員が分かりやすく教える英文法

ばか丁寧な高校英文法

TOIEC985点を取得した元高校教員が、使える例文を用いながら、苦手な人にも分かりやすく英文法を解説します。

【高校英文法をやり直したい人必見】不定詞⑦「不定詞を使った重要表現」を丁寧に解説!

スポンサーリンク

《to+動詞の原形》の続きです。

今日は

●動詞+《to+動詞の原形》

●形容詞+《to+動詞の原形》

●その他

の重要表現を紹介します

f:id:chachachambo:20170608224459p:plain

動詞+《to+動詞の原形》

happen to+動詞の原形

「たまたま~する」

疑問文で「ひょっとして~」

例:She just happened to be there.

「彼女はたまたまそこに居合わせた」

例:Do you happen to have a spare key?

「ひょっとして合鍵持っていたりしませんか?」

 

come/ get to +動詞の原形

「~するようになる」

例:I came to realize how much I loved him.

「私はどれだけ自分が彼を愛しているのか気が付くようになった」

例:How did you get to know him?

「どうやって彼と知り合いになったの?」

*get to+動詞の原形は前に紹介しました

 

learn to +動詞の原形

「~できるようになる」

例:You have to learn to face yout problems.

「自分の問題に立ち向かえるようにならなくちゃダメだよ」

 

manage to +動詞の原形

「どうにか~する」

例:We managed to get there on time.

「どうにか時間通りに到着した」

 

can afford to +動詞の原形

「~する余裕がある」

例:We can't afford to buy a new house.

「新しい家を買う余裕はない」

 

prove to be

「~だと分かる」

例:This will prove to be a great time in the lives of ALL Americans. We will unite and we will win, win, win!   by Donald Trump

(トランプ大統領が当選後にfacebookに投稿)

「これ(自分の勝利)は全てのアメリカ人の人生にとって素晴らしい時だと分かるだろう。我々は団結し、勝つ、勝つ、勝つ、勝つ!」

 

turn out to be

「~だと分かる」 

例:I didn't really like him first but he turned out to be a really good guy.

「彼のこと最初はあまり好きじゃなかったけど、いい人だと分かった」

*prove to beとturn to beの違い

proveは「証明する」という意味なので、自分で頑張った結果「~だと分かる、証明する」というニュアンスが伝わります。一方turn out to beは「結局~だと分かる」というニュアンスです。

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

形容詞+《to+動詞の原形》

likely  to+動詞の原形

「~しそうだ」

例:It is likely to rain today.

「今日は雨が降りそうだ」

⇔unlikely to+動詞の原形「~しそうにない」

例:The person who doesn't make mistakes is unlikely to make anything.  by Paul Arden

「間違わない人は何も成し遂げないだろう」

 

sure  to+動詞の原形

「きっと~する」

例:We are sure to win.

「我々は必ず勝つ」

 

 

ready to+動詞の原形

「~する準備ができている、喜んで~する」

例:I'm always ready to help you.

「いつでも君を助けるよ」

このpep talkでも紹介しました

 

willing to+動詞の原形

「~する気がある、~するのをいとわない」

例:Are you willing to give up everything for love?

「愛のために全てを捨てるのをいといませんか?」

⇔reluctant  to+動詞の原形「~するのが気乗りしない、気が進まない」

例:She was reluctnat to admit her mistakes.

「彼女は自分の間違いを認めようとしなかった」

 

due to+動詞の原形

「~することになっている」

例:Our first baby is due to arrive next month.

「初めての子が来月生まれる予定です」

 

eager to+動詞の原形 

「~したがる」

例:These students were eager to learn.

「この生徒たちは学びたがっていた」

 

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

その他

have something to do with A

「Aと関係がある」

例:She might have something to do with his death.

「彼女はもしかすると彼の死に何か関係しているのかもしれない」

・have nothing to do with A「Aと関係はない」

例:It has nothing to do with you.

「あなたとは関係ないの」

Fergie - Big Girls Don't Cry (Personal) - YouTube

↑この歌のサビにも出てきます。

 

To be homest,

「正直に言うと」

例:To be honest, I think it was a huge mistake that you left him.

「正直に言うと、あなたが彼と別れたのは大きな間違いだったと思う」

 

Needless to say,

「言うまでもなく」 

To tell the truth,

「実を言うと」

To make a long story short,

「手短に言うと」

To make a long story short.

     V            O           C  

「長い話=短く作ると」⇒「手短に言うと」

to beging with

「まず第一に」「そもそも」

例:To beging with, I'd like to ask you one question.

「まず最初にひとつ質問させてください」

例:I didn't like her to begin with.

「そもそも彼女のこと好きじゃなかった」