元教員が分かりやすく教える英文法

ばか丁寧な高校英文法

TOIEC985点を取得した元高校教員が、使える例文を用いながら、苦手な人にも分かりやすく英文法を解説します。

【高校英文法をやり直したい人必見】助動詞「used to」を丁寧に解説!入試にも出ます!

スポンサーリンク

最後に紹介する助動詞はused toです。

(参考書にはneedも載ってますが、入試には出ないし、イギリス英語でしか使われないし、無視します!)

一般動詞「使う」のuseの過去形、過去分詞形とは違い、

used toのsの音は濁りません。

 

used to

意味はひとつしかありません。

過去の習慣、状態

「かつて~していた、だった」

・過去形との違いは、過去形は単に過去のある時点でのことだけを述べていて、現在については述べていません。

それに対しused toは過去はそうだったが、現在は違うというニュアンスが含まれます。

例:He used to play tennis.

「彼はかつてテニスをしていた」(=今はもうしていない)

例:I used to like him.

「私はかつて彼が好きだった」(=今はもう好きじゃない)

例:There used to be a school here.

「かつてここには学校があった」

 There was a school here.との違いは、used toは過去を懐かしむニュアンスがあり、現在はもうその学校がないという意味も含まれる。一方、過去形There was~は、ただ単に過去のある時点で学校がここにあったと言っているだけで、現在はどうかは含まれていない。例えば、「前にここを通った時に学校を見かけたな」くらいのニュアンス

 

以前紹介した助動詞wouldも同じく、「かつて~したものだった」という意味がありましたよね?そこでも説明したused toとの違い、まったく同じものを張り付けておきます。↓

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

f:id:chachachambo:20170411214237p:plainwouldとused toの違いf:id:chachachambo:20170411214237p:plain

 ①used toは「今はそうではないが、以前は~だった」という過去との対比の意味を示すが、wouldは「以前は~だった」と回想している場合が多く、現在はどうかについては示していません。

例:My grandmother used to take her dog for a walk every morning.

「祖母は毎朝犬の散歩に行っていた(今は行っていない)」

例:My grandmother would often take her dog for a walk every morning.

「祖母は毎朝犬の散歩に行っていた(今はどうかは述べていない)」

 

②used to は動作動詞にも状態動詞も使えますが、wouldは動作動詞のみに使え、状態動詞には使うことができません。

例:〇I used to like him.(likeという状態動詞にもOK)

「私はかつて彼が好きだった」

例:〇I used to study French.(studyという動作動詞にもOK)

「私はかつてフランス語を勉強していた」

例:×I would like him.(likeという状態動詞にはNG)

 

③wouldには「意志」のニュアンスがあるので「いつも好きこのんで」という雰囲気が伝わる。

 

④wouldは過去の話であることが明白な文脈の中か、単独の場合は過去の時を示す副詞語句と用いるが、used toはその必要はありません。

実際、会話で使うのはused toかな!f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

この助動詞used to。会話でよく使います。

そして入試でも狙われます。以下をよく確認してください。

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

f:id:chachachambo:20170411214237p:plain助動詞used toと形容詞used tof:id:chachachambo:20170411214237p:plain

入試に出るよ!

used to【助】かつて~していた

used to【形】~に慣れている

このふたつ、全く同じつづり、同じ発音です。でも助動詞と形容詞だから使い方はもちろん違います。だから入試に狙われます。 それではひとつずつ見てみましょう。

●used to【助】かつて~していた
助動詞なので、うしろには動詞の原形がきます。
例:He can swim.  
    助 原形

  He used to live in Japan.
                助   原形
 「彼はかつて日本に住んでいた」

一方・・・

●used to 【形】~に慣れている
うしろには名詞か動名詞(~ing)がきます。
そして前にはbe動詞か、「~になる」という意味の動詞become, getなどが使われます。例:He is used to living in Japan.
                       動名詞
 「彼は日本に住むことに慣れている」

例:He will get used to Tokyo soon.
                                        名詞
「彼はすぐに東京に慣れるでしょう」

 

★こういう風に入試に出ます。
問、以下の( )に当てはまるもの①~④から選び答えなさい。
1、The foreigner was used to (        ) Japanese food.
  ①eat     ② eating     ③ have eaten    ④being eaten

2.He used to (       ) in Tokyo. Now he works in Osaka.
  ① work  ② working   ③ have worked  ④ being worked

 答えは1が②、2が①です。

1、は「その外国人は日本食を食べることに慣れていた」という意味。
The foreigner was という風にbe動詞があるのだから、形容詞のused to「~に慣れている」なので、後ろは必ず名詞動名詞しか来ません。

2.はHeと主語が来てすぐused toなので、助動詞のused toだとわかります。なので、後ろには必ず動詞の原形しか来ません。

f:id:chachachambo:20170419140753j:plain

 

これで助動詞の紹介は終わります。

次は《助動詞+have+過去分詞》という使い方を紹介します。

これ、会話でも使えるので、しっかり勉強しましょう!